<% content.title %>スポンサードリンク


鮒釣りのウキ


はいろんな釣り方で釣れますが、個人的な鮒釣りの楽しみ方は趣きを味わうということ。

鮒釣りはラインが切れる、切れないといった格闘を期待しているわけでは当然ありません。

ウキの動きも味わいの一つ。

玉ウキの味わいは何と言っても、あの波紋です。

鏡のような水面に浮かぶ玉ウキ、の反応がウキに表現されます。

ポコポコと動く玉ウキの周辺はごく小さく波打ち、水面に波紋を描きます。

お〜喰ってる喰ってる。
時に大きな浮力を持つ玉ウキが消しこまれることもあります。

鮒釣りの小さな醍醐味ですね。
また、ウキが横に移動していく姿も何とも言えません。

それとは対極にあるのが、立ちウキです。
トウガラシウキなんかも同様。

これは、水中に消しこまれる姿がそそるのです。

しかし、水深のあまり無い釣り場であまり長いウキを使うと、消しこまれないですね。

50cmの水深でヘラウキ使うなんて持ってのほか?です。

消しこまれませんから、ウキが寝るとか斜めになるとか味わいが無いのです。

鮒釣りでは安っぽいウキで十分なので、やや短めのウキを選び是非消し込むウキを堪能してください。

しもりウキは、数個付けたウキ(中通しの玉ウキ)の一部を沈ませて仕掛けを完全に底へ這わせる釣りになります。

水深の変化のある場所でも確実に底を取れるウキの仕様なんです。
沈んでいる部分のウキの動きでのアタリを取ります。

個人的には、鮒釣りでは玉ウキや立ちウキでの釣りが好きですがね。



■スポンサードリンク■


【鮒釣りのウキの最新記事】
posted by ラテスJP at 23:25 | 鮒釣りのウキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


<% content.title %>スポンサードリンク
<% content.title %>You Tube 動画
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。