<% content.title %>スポンサードリンク


鮒釣りのエサ


(ここではギンブナ)は雑食性ですから色んなものが餌になるでしょう。

では、どんなものを釣り餌として使うのでしょう?

まず、アカムシ。

実は個人的には使ったことが無いのです。
だから、語れません。

そして、言わずと知れたミミズ。

ドバミミズなどの大型のミミズはその大きさから鮒釣りには向きません。

市販のネリエ。
まあ、便利ですね釣り場で練ってすぐ使える。

ゆでうどん
安い!子供の味方!

ご飯つぶ
家から持ち出し!子供にとってはほぼタダ?
小型のはこれでれます。

小麦粉
練りエサを買うお金が無い!って時。
家にある小麦粉を水で練るのみ。

やや固めに練るのがコツ。
バラケは期待しない、あくまでエサ

イモネリ
市販の釣りエサ、粘度が低くエサ持ちが悪い。

イモヨウカン
イモネリと似たようなもの。

アオイソメなどの虫エサ汐入の河川などでは有効なようです。
ハゼ釣りの外道で複数GET!しました。

自作のネリエ
小麦粉などをベースとし、好みの材料を思うがままに加える。

さて、どのエサ使おうかな?


■スポンサードリンク■

posted by ラテスJP at 01:09 | 鮒釣りのエサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


<% content.title %>スポンサードリンク
<% content.title %>You Tube 動画
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。